So-net無料ブログ作成
前の9件 | -

第8世代 Coffee Lake Core i5-8400 で自作PCを組み立ててみた [Windows]

運良く第8世代 Coffee Lake Core i5-8400が入手できたので、早速組み立て!
CPUクーラーの配線が純正の向きだと届かなかったので、反対回りに廻しています。

P1040687.jpg

この後、ケースに取り付けて電源にも接続。
写真のパーツ以外は全部前のパーツを流用です。

Windows 10 ProもDSP版なので、OSと一緒に購入したパーツを接続している限り、わざわざOSを買い直さなくても再インストールが可能です。事前にデジタルライセンスがマイクロソフトアカウントと紐づいていれば、今回のように主だったパーツを総取り替えしても、インストール後に「ライセンス認証のトラブルシューティングツール」を使ってオンラインでライセンス認証を行うことができ、マイクロソフトの営業時間内に電話窓口で事情を説明してライセンス認証してもらうといった手間はかかりません。

マイクロソフトのサポートページはこちら:
(ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う)

さて、組み立てとWindowsのインストールも終わり、使えるようになったので早速ベンチマーク。

とりあえずGeekBench4。
結果は Single-Core: 4937 Multi-core: 19093
i5-8400-g4.png

ちょいと古いGeekBench3。
結果は Single-Core: 3928 Multi-core: 17898
i5-8400-g3.png

CINEBENCH R15。
こちらの結果は OpenGL 116.28fps CPU 948cb
i5-8400.png

続いて、Xeon + RADEON RX460のときは途中でビャビーとかプービャビャプとか変な音がしたままWindows自体がフリーズしていまいベンチマーク完走すらできなかった「Rise of the Tomb Raider」。Core i5-8400 + RADEON RX460では無事ベンチ完走するようになり、総合スコア 78.9 fps。ただしフルスクリーンではないモードです。

rotr.png


E3-1225 v3 と比べると大幅パワーアップです。
実際、今までよりもスカスカ動きます。

前のXeonマシンは、4年半ほどちょこちょこアップデートしてきた結果、古いパーツと新しいパーツの世代ごちゃ混ぜで組んでおり、最終的にちょいちょいハングアップする超不安定マシンになってしまいました。今回は主だったパーツを総取替えしたのが良かったのか、とても安定感ある動作をします。

安定して高速で超快適なWindows環境ができて満足です!

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

第8世代 Core シリーズ Coffee Lake Core i5-8400で自作パソコンを組んでみた [Windows]

ツクモに行ったら Core i5-8400 の在庫と遭遇。
このCPU、メリットとデメリットを分かった上で購入するなら意外とお買い得。

メリットは、
・物理6コアにパワーアップ!
・第7世代のCore i7-7700(4C/8T)より少し高速!抜群のコストパフォーマンス
・Core i7-8700Kに比べると2万5000円ほど安い
・Core i5-8600Kと比べても1万円ほど安い
・末尾に「K」が付いてないモデルなので Intel 純正のCPUファン付き
・末尾に「K」が付いていないモデルはTDPが65Wで省エネ

デメリットは、
・ハイパースレッディングがない(6C/6T)
・動作周波数が現状販売されているCoffee Lakeの中で最遅の2.8GHz
・発売直後の現状は超品薄で入手が難しい

第8世代Coffee LakeからCPUソケットが従来のLGA1151と互換性が無くなりました。自分はHaswell世代のXeonを使っておりメモリがDDR3です。すでに市場のメインストリームはDDR3からDDR4に移行しており、メモリの使い回しがききません。ということは、最低でもCPU+メモリ+マザーボードの3点を買い換える事になります。よって、第7世代 Kaby Lakeより前の後方互換性をバッサリ切り捨てられるので、どちらかというと第8世代用のマザーボードを買っておいたほうが、今後のアップグレードの可能性を考えるとお得になりそうです。

さて、先日考えた通り、フル自作するよりDELLやHPのマシンを買ったほうがお得です。最新のSSDやビデオカードを安くアップグレードできますし、キャンペーンでWindows 10 ProやマイクロソフトOfficeが安かったりとかもあったりして、自作する意味なんてありません[爆弾]

というわけで、CPUとメモリとマザーボードだけ買い換えて、あとは流用することにしました。これならコスパ的にも趣味的にも自作の意味がありますね[ぴかぴか(新しい)]

といったことを、ツクモの店舗でCore i5-8400を偶然見つけた瞬間に考え即断即決で速攻でバシッと購入。
ついでに起動ドライブのHDDが9年目[あせあせ(飛び散る汗)]なので、M.2 SSDも購入しました。

品名 価格
CPU 第8世代 Coffee Lake Core i5-8400 21,740円
メモリ CORSAIR DDR4 2666MHz
CMK8GX4M2A2666C16R
9,480円
マザーボード GIGABYTE Z370M-D3H 15,300円
SSD WD WDS240G1G0B(M.2 SATA) 8,980円
合計 56,000円(税別)


なかなか良いコスパで最新世代CPUのパーツ一式が手に入りました。

P1040682.jpg

あとは組み立ててみて、安定動作するかどうかですね[手(チョキ)]

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

第8世代 Coffee Lake Core i7 で自作パソコンを作ってみる? [Windows]

ついにCore i7が6コア12スレッドに!Ryzenさんありがとう!!
自由競争って素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]

さて、Windows PCが微妙に不調で、起動ドライブのSSDのデータが飛んで起動しなくなったり、メモリ増設したらブルースクリーン連発、RADEON 480のグラフィックボードも起動するたびにDisplayPortの映像出力が動いたり動かなかったり・・・・。

というわけで、今使ってる Haswellの第4世代 Xeon Xeon E3-1225 v3 を退役させて、Coffee Lakeの第8世代Core i7で自作パソコンを作るとどれくらいかかるか考えてみました。
HDDとかケースとかは流用するとして、必要なパーツ代をツクモの通販でざっと見積もると・・・。

・Intel Core i7-8700K ¥47,973
・MSI Z370 GAMING PLUS ¥15,638
・MSI RADEON RX 580 GAMING X 8G ¥39,744
・Crucial DDR4 4GBx2枚 ¥10,022
・DSP版 Windows 10 Pro ¥22,464

なんと!合計で13万5841円[爆弾]
もしかしてDELLより高いかも!と思い、
DELLのサイトで似たような構成のパソコンを見てみると・・・。

「New XPSタワースタンダードグラフィック・16GB Optaneメモリ搭載」

・第8世代インテル Core i7-8700 プロセッサ
・8GB DDR4 2666MHz
・NVIDIA GeForce GT 1030 with 2GB GDDR5 Graphics Memory
・16GB インテル Optane メモリ accelerated 1TB 7200 RPM HDD
・Windows 10 Home

この構成で、なんと9万5183円!
Windows10がHomeなのでProへのアップグレード代を入れたとしてもDELLがお得[どんっ(衝撃)]

自作がお得な時代は10年前に終わっていますが、ここまでとは・・・。
これはちょっと自作は見送りだな〜

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

フォルクスワーゲンのGolfにピクセラのWiFiルーター PIX-MT100 を設置してみた [Volkswagen]

速いし、荷物も積めるし、高速も半自動運転で超便利いい Golf Variant。
純正ナビゲーションの Discover pro の一部の機能が WiFi 前提となっているので、ピクセラの「PIX-MT100 LTE対応USBドングル」という、車内 WiFi にちょうど良さそうなデジタルガジェットを購入。

P1040649.jpg

この製品、普通のモバイルWiFiルーターと違い、車のエンジンON/OFFに連動して動作させることができます。といっても特に難しい仕組みではなく、このドングルは普通のモバイルルーターと違って本体にバッテリーを内蔵していないので、単純にUSB電源のオン/オフに連動するようにできています。

SIMフリー仕様で、ドコモの2.1GHz、1.8GHz、800MHzのLTEに対応しています。なお、3Gには対応していませんので3Gのみのエリアでは圏外になります。メーカーのホームページに対応SIMのリストがありますので、それを参考にすればキャリア(MVNO)の選択は問題ないかと思いますが、SIMのサイズが「マイクロSIM」なので気をつけましょう。内容物も超シンプルにドングル本体とUSBケーブル、説明書だけです。

P1040659.jpg

で、 Discover Pro の USBポートに挿してみたところエンジンON/OFFとの連動がイマイチな感じ・・・。そこで、オートバックスでUSB電源付きの2連ソケット「セパレート2連ソケット コード式(1.2A)/S17」を買ってきて、これをラゲージルームの12V電源ソケットに接続して、ピクセラのPIX-MT100を接続することでバッチリ連動[手(チョキ)]

IMG_0052.jpg

これでいちいちモバイルルーターの電源入れたり切ったりとか、iPhone のテザリングをオンにして繋がったり繋がらなかったりの不安定さともオサラバ! そして、 VW Golf の Discover Pro も車内に持ち込んだ iPhone とか iPad とかも、車の中では基本的にピクセラの MT100 に装着した BIGLOBE の格安SIM経由で通信できるようになり、かなり便利です。

ほんとは Audi A3 みたいにLTEの車載WiFi機能がゴルフにも標準搭載されるといいんですけどねぇ〜[ぴかぴか(新しい)]

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

レッツノート CF-SZ5 のHDDを SEAGATE FireCuda ST2000LX001 2TB に交換した [Windows]

先日購入したパナソニックのLet's note CF-SZ5 ですが、
HDDが320GBでは少ないので、換装することにしました。

本来ならSSDに換装して高速化するところですが、
今回は大容量化したいので2.5インチHDDを探します。

で、とりあえずツクモで検索すると・・・。

tsukumo.jpg

Western digitalの WD10JPLX 1TB 9.5mm が7200 rpmなのに7,480円で価格対速度比が良さそうです。しかし、レッツノートの純正2.5インチHDDは7mm厚のものが装着されており、隙間をスポンジで支えてクッション空間として使う設計になっています。スポンジで押さえてるだけなので9.5mmでも収まりそうな気がしますが、ここは無難に7mmから選ぶことにしました。

次に良さそうなのは、SEAGATE ST2000LM015 2TB 5400rpm 7mm 9,990円。その下に同じくSEAGATE製のSSHD ST2000LX001 2TB 5400rpm 7mm 11,873円というのがありますね。1,883円差で普通のHDDから2TB HDD + 8GB SSDのSSHDにできますので、今回はSSHDを購入しました。

そして、台風の中到着。

IMG_0423.jpg

7mm厚って、薄っ!
IMG_0429.jpg

ついでにパーツバンドル版ATOK 2017も購入。
簡易パッケージでくるものだと思っていたら、普通のパッケージ版と同じでした。
単純に値段が違うだけということですね。
IMG_0426.jpg

というわけで、早速レッツノートをバラしてサクッと交換。
底面のネジを全部外せばパカっと開くので特に難しいところはありませんが、ネジが多種多彩なので、元に戻す時にネジの位置関係がわからなくならないように整理しながらバラしましょう。
IMG_0434.jpg
元のHDDを外してHDDカバーもつけ直し、無事にFireCudaが装着されました。
ちなみに、標準でSSDのモデルには Serial ATA端子が実装されていません。逆に標準がHDDのモデルにはM.2端子が実装されていませんので注意しましょう。

Windows を再インストールしてしばらく使ってみたところ、なかなか快適に動作します。SSDの爆速には全く及びませんが、普通のHDDよりは体感上かなり高速に動作します。実は MacBook Pro(MD101J/A)に Western digital の WD10JPLX 1TBを接続して使っていますが、7200回転とはいえ体感速度はあまり速くありません。

では、数値的に比較してみると・・・。

レッツノート純正HDD
HGST.jpg

FireCuda
FireCuda.jpg

といった感じで、数値上は新旧さほど変わりません。
しかし、体感速度はFireCudaがかなり速く感じます。

万人向けではないかもしれませんが、1〜2TBのSSDを買うのはさすがにちょっと・・・。という方には、ぴったりな商品かと思いますよ[ぴかぴか(新しい)]

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

楽天で Let's note CF-SZ5 を買ってみた。 [Windows]

楽天スーパーセールのある日、
仕事用に安いレッツノートを物色していると・・・。

Joshinの中古PC J&Pテクノランド
【新品】Let's note SZ5 CF-SZ5WDCVS vPro 139,800円
ポイント10倍

安い。
気がする・・・。
しかもポイント10倍、、、その他の割り増し含めて約18500ポイント。
そして中古ではなく「新品」

早速どんなモデルなのか調査すると、法人向けモデルであることが判明。
・サポートが法人登録のみ
・添付ソフトはPower DVDぐらいで、Microsoft Officeも無い
・Intel Core i5 6200U 2.3GHz up to 2.8GHz
・Intel HDグラフィックス 520(CPU内蔵)
・メモリ 4GB (増設スロットなし)
・ HGST製 5400rpm 320GB HDD
・12.1インチ 非光沢 フルHDディスプレイ(1920×1200ドット)
・USB 3.0 x 3、VGA端子、HDMI端子、ヘッドフォン端子
・SDカードスロット、DVDスーパマルチドライブ、Bluetooth v4.1
・LAN端子、無線LAN 11a/b/g/n/ac(最大866.7Mbps)

要するに素の型落ちレッツノート SZ5 のようです。

というわけで、ド田舎なのにポチった翌日にあす楽で現物が到着[exclamation×2]
安かったので不安でしたが、プチプチのみとはいえ丁寧な梱包です。

IMG_0406.jpg

開封品とか保証書に他の店舗の印付きとかでもなく、ちゃんとした新品っぽい品でした。ジョーシンさん疑ってゴメンなさい。

同梱品も最小限です。
本体とACアダプタとバッテリーと説明書。

IMG_0410.jpg

早速、電源オン。

IMG_0413.jpg

自動的にセットアップが走りだし、Windowsのパッチが当たり始めて Windows 10 Creators Update まで更新されます。実はこれが曲者で、この後、使えるようになるまで約2〜3時間ぐらいかかりました・・・。

そして、Windowsの初期設定、ウイルスバスターの導入など、もろもろセットアップして使えるようになったのですが、なんか変です・・・。このPC、起動、シャットダウン、再起動にやたら時間がかかります。起動に5分、シャットダウンに5分、再起動に20分以上・・・。これでは全く実用品として使い物になりません。

というわけで、レッツノートのサポートページを見てみると、重要なお知らせに「Windows 10 2017年5月25日配信開始のWindows Update後、PCの動作が遅くなりました。(Windows 10 Anniversary Update プリインストールモデル)」というのが出ており、改善ツールがダウンロードできるようになっています。要はウイルス対策ソフトと相性が悪いようで、自分も改善ツールを実行しましたが、全く改善せず・・・。

しかたないので、リカバリーして最初からやり直し。

IMG_0416.jpg

今度はインターネットに繋いでいない状態で更新プログラムは全く当てずに初期設定を開始し、Windowsが起動したら、ウイルス対策にノートンセキュリティプレミアムをインストール。そして、レッツノートのサポートページに書いてある最終手段「Windows Defender 無効化レジストリ」をダウンロードして適用。さらにここから Windows 10 Creators Update をインストール。
なんとかこれで安定させることができました・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

さて、レッツノートSZ5の感想でございますが、、、

同じ価格帯のMacやsurfaceと比べると、本体の作りがかなり低品質でがっかりすることになります。タッチパッドも小さすぎて役に立たないので、マイクロソフト Bluetooth Mobile Mouse 3600 を調達しました。正直、こっちのマイクロソフトマウスの方が作りが良いです(爆)。速度については、5400rpm HDDで Core i5 6200Uなので遅くもなく速くもなくといった感じです。SSD仕様なら比較的快適に使えるんじゃないでしょうか。

いい点としては、レーツノートのACアダプタはコードが短いので、会社のデスク上に電源コンセントがある場合は、コードが邪魔にならなくてかなり使いやすいかと思います。また、SZ5はデフォルトでスケーリングが150%に設定されており、このサイズでフルHD液晶なので、なんちゃってRetina感があり、悪くないです。

というわけで、導入に苦労しましたが、今はちゃんと使えております。
Macじゃ仕事にならないことも多々あるので、とりあえずこのマシンで頑張って見たいと思います[手(グー)]

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)が到着したのでレビューとベンチマーク! [mac]

iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)が到着しました。
いつもの通り、上海から超速宅急便です。

P1040666.JPG

発注日は「2017/06/06」で、到着日は「2017/06/12」です。
夜7時ごろに発注して土日挟みなので、こんなもんではないでしょうか。

おもだった付属品はこんな感じです。
P1040670.JPG
・Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)
・Magic Mouse 2
・USB - Lightningケーブル
・電源ケーブル

ハード的に変わったところは、
P1040674.JPG
USB3.1(Thunderbolt3)の端子が増えました。
MacBookProと違って、普通のUSB3.0端子やSDXCカードスロット、有線LAN端子も健在。あと、今度こそ本当に10bitガンマ対応で液晶が超綺麗になりました。

そして、今回の新製品「テンキー付きMagic Keyboard」ですが、
なんと、なななんと、キー配列が若干変わっています!!

P1040675.JPG

上の小汚い方が有線(USB)版のテンキー付きキーボードで、下が新しいテンキー付きMagic Keyboardです。

caps、return、delete、tab、pageup、endとかの英語表記が図記号化され、まあ、returnキーはさすがに大丈夫ですが、黄色で囲った部分のあまり使わないキーが何なのか、ぱっと見で分からなくなりました。赤丸のキーは以前の有線USB版と位置が全く変わっています。

要はMacBook Proと同じキー配列に統一されたような気がする感じですが、
P1040676.JPG
MacBook Proでは間違えないのに、テンキー付きキーボードと思って使うと、何故かめっちゃ打ち間違えます・・・・。慣れるまでの問題だと思いますが、キーボードにこだわりがある方は、Apple Storeとか家電量販店で現物を試打[ゴルフ]することをお勧めします。


さて、早速セットアップしたのでベンチマークして見ました。
なお、自分のiMac 4Kは Radeon Pro 560搭載の上位モデルを元に、CPU 3.6 GHz Intel Core i7、メモリ16GB、512GBフラッシュストレージにカスタマイズしたモデルです。

・Geekbench 4.1.0 (CPU) トライアル版で計測

Single-Core Score 4971
Multi-Core Score 17128

g4.png

このソフトによると、CPUは Intel Core i7-7700のようですね。
内蔵の Intel HD Graphics 630 はどこ行っちゃったんでしょう・・・。
そのうちiFixitとかが分解しちゃうのを待ちましょう(笑)


ではまとめ!

iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)は、 Core i7 + Radeon Pro 560 + 16GBメモリ + 512GB SSDの構成だと全く予想外に爆速で快適なマシンした。これでもう当面買い換えないかな。



あ、そうそう、ついにiMacも2017モデルから起動音が廃止されたようです・・・。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Apple WWDC 2017で 新型 iMac 登場!早速 iMac Retina 4K を注文してみた! [mac]

新型 iMac 登場!
iMac Proも登場しましたが$4999からスタート。
最低スペックでもおそらく約55万円。
って、買えるわけないだろーーーーーー[爆弾]

ということで、iMacがリフレッシュされるであろうという読みが的中したので、早朝から普通の iMac を物色。
27インチは置き場所に困るので、21.5インチのRetina 4Kです。

今回の標準ベースグレードは、下位モデルのRetinaでないiMac、中位モデルのRetina 4Kで1TB HDDとRadeon Pro 555内蔵のiMac、そして、上位モデルは1TBフュージョンドライブ+Radeon Pro 560。

前モデルと比べて、CPUがKaby Lake世代にリフレッシュされ、Radeon Pro グラフィックスチップ内蔵モデルが登場したことと、Thunderbolt 3(USB-C)端子が追加、1TB Fusion DriveのSSDが24GBでしたが新型は32GBに増強されたのが大きな変更点です。

そしてなぜか21.5インチのiMacのみ 2TB Fusion Drive のオプションが廃止されました[もうやだ~(悲しい顔)]

では、CTOしていきましょう!
ベースマシンは一番イイヤツのRetina 4Kにしました。また、しれっとテンキー付きの Magic Keyboard が登場しているので、それに決定。これって iMac Pro用の色違いバージョンっぽいですよね[わーい(嬉しい顔)]

この間売却した
iMac Retina 4K 2015
今日注文した[ぴかぴか(新しい)]
iMac Retina 4K 2017
CPU 3.3 GHz Core i7
(up to 3.8 GHz)
3.6 GHz Core i7
(up to 4.2 GHz)
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 1TB Fusion Drive 512GB SSD
GPU Intel
Iris Pro Graphics 6200
Radeon Pro 560
(4GB VRAM搭載)
キーボード Magic Keyboard Magic Keyboard
テンキー付き
価格(税別) 208,800円 244,800円


前のiMacと比べるとお値段が36000円アップ[グッド(上向き矢印)]していますが、全体的にかなりの性能アップ[グッド(上向き矢印)]なので良しとします。

ちなみに、今のところ自分のiMacの納期は「お届け予定日 2017/06/11 - 2017/06/15」となっています。
というわけで、早く来い来い New iMac !

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

WWDC 2017に向けてiMac 4K Retinaディスプレイモデルをsofmapで買取査定 [mac]

今年のWWDC(2017) キーノートスピーチは、日本時間で6月6日の午前2時から。
ここ1,2年のappleの傾向として、イベント前に新製品情報がダダ漏れ気味です。
例えば・・・。

・iMacにXeon E3-1285 v6 を搭載
・10.5インチのiPad Pro
・Siriスピーカー
・Kaby Lake 搭載のMacBook、MacBook Pro
・Apple Watch Series 3

WWDCはあくまで開発者向けのイベントということで新製品の発表がなかった年もあります。2017年も新製品の発表はナシ!という可能性も十分ありますね。
ただ、毎年このタイミングでしれっとiMacやMacBook Proなどのサイレントアップデート(小変更)や為替レートの変動による価格変更が行われることが多いです。

というわけで、自分的にはWWDC 2017のタイミングで、少なくともiMacはCPUだけしれっとサイレントアップデートぐらいされるであろうという予想の元、今使っている21.5インチのiMac Retina 4KをSofmapの買取に出すことにしました。基本的に新型の販売が始まると買取価格が下がってしまいますからね・・・。

その結果・・・

iMac Retina4K 21.5/Intel Quad Core i5 3.1GHz /8G/1TB/Intel Iris Pro 6200/ MK452J/A
==カスタマイズ==
「「CPU」変更 「3.1GHzクアッドコアIntel Core i5」 → 「3.3GHzクアッドコアIntel Core i7」」買取上限 7000円
「「HDD」変更 1TB → 1TB Fusion Drive (1.02TB)」買取上限 0円
以上により買取上限 63000円から70000円に変更になります。
==欠品減額==
「Lightning - USBケーブル」欠品 -500円
==個別増額==
Retinaディスプレイ搭載のMacBook/iMac買取キャンペーン 5000円

というわけで、査定金額 74500円で買い取ってもらえました。
Core i7はプラス査定となりましたが、1TB Fusion Driveは無価値のようです。Apple StoreでカスタマイズしたiMacをお持ちの方、これからCTOモデルの購入を検討されている方はご参考になるかと思います。Lightningケーブルは新品で購入すると2000円ぐらいしますが、減額はマイナス500円なので、あえて手元に残しておいた方が何かと便利でお得かと。

さて、毎年恒例のWWDC招待状の絵の意味ですが・・・。
今年は、
・歩いている人、自転車に乗ってる人はApple Watch Series 3?
・手をつないだり、話し合ったりしている人はSiriスピーカー?
・iPhoneとスーツケースらしきものを持って歩いている人はWalletかApple SIM?
・大きめのラップトップPCは新しいMacBook Pro?
・小さめのノートPCは新しいMacBook?
・タブレットっぽい板は新しいiPad Pro?
・本を読んでいる人はiBooks?
・車いすの人はアクセシビリティ?
・自撮りしてる人はセルフィーの新機能?
・8っぽい形に手をつないでいる男女はiPhone 8?

こんな感じでしょうかねぇ。
って、よく見てもiMac全然ないじゃん[もうやだ~(悲しい顔)]
iMacがノーチェンジなら、ちゃんと動く15インチMacBook Proに期待でしょうか。

とりあえず、値上げされただけのiMac[爆弾]が発表されないことを祈ります。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の9件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】