So-net無料ブログ作成
検索選択

iMac 21.5インチ Retina 4Kディスプレイを買ってみた [mac]

もうちょっと日数が経ってしまいましたが、ついにiMac 21.5インチ Retina 4Kディスプレイが届きました!

液晶が超キレイです・・・。
もちろん、27インチ5Kの方が性能が良くてコストパフォーマンスもいいのですが、やはり自宅で使うには21インチモデルの方が塩梅が良いです[手(チョキ)]


いままで、27インチのiMacだった時期もあったし、つい最近まではThunderbolt Displayも使ってました。それはそれは画面が広くてたくさんウインドウも開けてとても便利です。でも、やはりデカイ!そう、27インチはデカいんです。一番困るのが「机」。奥行き70cm程度のデスクでは、ディスプレイが目前すぎて疲れます。iMacのために奥行き80cmのデスクをかなり探しました・・・。

さて、新型iMacですが、CTOでHDDとCPUを変更しました。HDDを1TB Fusion Drive、CPUをCore i5からCore i7に変更しています。メモリは8GBのままにしました。1TBのFusion Driveはフラッシュストレージ部分が24GBのNVM Express接続となっています。2TB以上のFusion Driveとは仕様がかなり違いますので、おそらく今までのものとは性能が違いますが、ノーマルのHDDよりはマシだろうと思って1TBにしてみました。

そして隠れた新機能!
こっそりとディスプレイが10bitカラー対応です。

予想外の情報に、うえーぃ!と思って確認してみたところ、確かにその時は「ピクセル深度 30ビットカラーARGB2101010」と表示されていたと思います。しかし、後にまっさらから再インストールしたところ、「ピクセル深度 32 ビットカラー(ARGB8888)」になってしまいました。ああ、あの景色は気のせいだったのでしょうか[もうやだ~(悲しい顔)]

さて、あえて 27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル ではなく 21.5インチ iMac Retina 4K ディスプレイモデルを選ぶ方が気になるであろう、起動がまさかの Macintosh plus よりも遅いという件ですが、自分の1TB Fusion Driveモデルは、約23秒程度で起動してきます。HDDが5400RPMなのは変わらないですが、Fusion Driveにしておけば大して問題ないんだろうと思います。2TB以上のFusion Driveかフラッシュストレージに変更しておけばさらに安心ですね。

次にCPUですが、
GeekbenchのスコアはSingle-Core: 3526、Multi-core: 13735、
Cinebenchのスコアは、GPU: 48.77fps CPU: 788cb という結果でした。

b1.png

cpu.png

gpu.png

絶対性能は27インチモデルのCore i7の方が上だと思われますが、コスパ的には21インチモデルの方が良かったと言っていいのかも。グラフィックスは大したことないですね。この辺を気にするならば、思い切って27インチの上位機種を狙うのが一番だと思います。

というわけで、新型 21.5インチ iMac Retina 4K ディスプレイモデルは、普通の机にピッタリサイズのなかなかデキるヤツでした!(でもフュージョンドライブかSSDにCTOした方がいいと思うよ!)




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】