So-net無料ブログ作成

WWDC 2017に向けてiMac 4K Retinaディスプレイモデルをsofmapで買取査定 [mac]

今年のWWDC(2017) キーノートスピーチは、日本時間で6月6日の午前2時から。
ここ1,2年のappleの傾向として、イベント前に新製品情報がダダ漏れ気味です。
例えば・・・。

・iMacにXeon E3-1285 v6 を搭載
・10.5インチのiPad Pro
・Siriスピーカー
・Kaby Lake 搭載のMacBook、MacBook Pro
・Apple Watch Series 3

WWDCはあくまで開発者向けのイベントということで新製品の発表がなかった年もあります。2017年も新製品の発表はナシ!という可能性も十分ありますね。
ただ、毎年このタイミングでしれっとiMacやMacBook Proなどのサイレントアップデート(小変更)や為替レートの変動による価格変更が行われることが多いです。

というわけで、自分的にはWWDC 2017のタイミングで、少なくともiMacはCPUだけしれっとサイレントアップデートぐらいされるであろうという予想の元、今使っている21.5インチのiMac Retina 4KをSofmapの買取に出すことにしました。基本的に新型の販売が始まると買取価格が下がってしまいますからね・・・。

その結果・・・

iMac Retina4K 21.5/Intel Quad Core i5 3.1GHz /8G/1TB/Intel Iris Pro 6200/ MK452J/A
==カスタマイズ==
「「CPU」変更 「3.1GHzクアッドコアIntel Core i5」 → 「3.3GHzクアッドコアIntel Core i7」」買取上限 7000円
「「HDD」変更 1TB → 1TB Fusion Drive (1.02TB)」買取上限 0円
以上により買取上限 63000円から70000円に変更になります。
==欠品減額==
「Lightning - USBケーブル」欠品 -500円
==個別増額==
Retinaディスプレイ搭載のMacBook/iMac買取キャンペーン 5000円

というわけで、査定金額 74500円で買い取ってもらえました。
Core i7はプラス査定となりましたが、1TB Fusion Driveは無価値のようです。Apple StoreでカスタマイズしたiMacをお持ちの方、これからCTOモデルの購入を検討されている方はご参考になるかと思います。Lightningケーブルは新品で購入すると2000円ぐらいしますが、減額はマイナス500円なので、あえて手元に残しておいた方が何かと便利でお得かと。

さて、毎年恒例のWWDC招待状の絵の意味ですが・・・。
今年は、
・歩いている人、自転車に乗ってる人はApple Watch Series 3?
・手をつないだり、話し合ったりしている人はSiriスピーカー?
・iPhoneとスーツケースらしきものを持って歩いている人はWalletかApple SIM?
・大きめのラップトップPCは新しいMacBook Pro?
・小さめのノートPCは新しいMacBook?
・タブレットっぽい板は新しいiPad Pro?
・本を読んでいる人はiBooks?
・車いすの人はアクセシビリティ?
・自撮りしてる人はセルフィーの新機能?
・8っぽい形に手をつないでいる男女はiPhone 8?

こんな感じでしょうかねぇ。
って、よく見てもiMac全然ないじゃん[もうやだ~(悲しい顔)]
iMacがノーチェンジなら、ちゃんと動く15インチMacBook Proに期待でしょうか。

とりあえず、値上げされただけのiMac[爆弾]が発表されないことを祈ります。





nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】