So-net無料ブログ作成

レッツノート CF-SZ5 のHDDを SEAGATE FireCuda ST2000LX001 2TB に交換した [Windows]

先日購入したパナソニックのLet's note CF-SZ5 ですが、
HDDが320GBでは少ないので、換装することにしました。

本来ならSSDに換装して高速化するところですが、
今回は大容量化したいので2.5インチHDDを探します。

で、とりあえずツクモで検索すると・・・。

tsukumo.jpg

Western digitalの WD10JPLX 1TB 9.5mm が7200 rpmなのに7,480円で価格対速度比が良さそうです。しかし、レッツノートの純正2.5インチHDDは7mm厚のものが装着されており、隙間をスポンジで支えてクッション空間として使う設計になっています。スポンジで押さえてるだけなので9.5mmでも収まりそうな気がしますが、ここは無難に7mmから選ぶことにしました。

次に良さそうなのは、SEAGATE ST2000LM015 2TB 5400rpm 7mm 9,990円。その下に同じくSEAGATE製のSSHD ST2000LX001 2TB 5400rpm 7mm 11,873円というのがありますね。1,883円差で普通のHDDから2TB HDD + 8GB SSDのSSHDにできますので、今回はSSHDを購入しました。

そして、台風の中到着。

IMG_0423.jpg

7mm厚って、薄っ!
IMG_0429.jpg

ついでにパーツバンドル版ATOK 2017も購入。
簡易パッケージでくるものだと思っていたら、普通のパッケージ版と同じでした。
単純に値段が違うだけということですね。
IMG_0426.jpg

というわけで、早速レッツノートをバラしてサクッと交換。
底面のネジを全部外せばパカっと開くので特に難しいところはありませんが、ネジが多種多彩なので、元に戻す時にネジの位置関係がわからなくならないように整理しながらバラしましょう。
IMG_0434.jpg
元のHDDを外してHDDカバーもつけ直し、無事にFireCudaが装着されました。
ちなみに、標準でSSDのモデルには Serial ATA端子が実装されていません。逆に標準がHDDのモデルにはM.2端子が実装されていませんので注意しましょう。

Windows を再インストールしてしばらく使ってみたところ、なかなか快適に動作します。SSDの爆速には全く及びませんが、普通のHDDよりは体感上かなり高速に動作します。実は MacBook Pro(MD101J/A)に Western digital の WD10JPLX 1TBを接続して使っていますが、7200回転とはいえ体感速度はあまり速くありません。

では、数値的に比較してみると・・・。

レッツノート純正HDD
HGST.jpg

FireCuda
FireCuda.jpg

といった感じで、数値上は新旧さほど変わりません。
しかし、体感速度はFireCudaがかなり速く感じます。

万人向けではないかもしれませんが、1〜2TBのSSDを買うのはさすがにちょっと・・・。という方には、ぴったりな商品かと思いますよ[ぴかぴか(新しい)]



nice!(0) 

nice! 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】