So-net無料ブログ作成

第8世代 Coffee Lake Core i5-8400 で自作PCを組み立ててみた [Windows]

運良く第8世代 Coffee Lake Core i5-8400が入手できたので、早速組み立て!
CPUクーラーの配線が純正の向きだと届かなかったので、反対回りに廻しています。

P1040687.jpg

この後、ケースに取り付けて電源にも接続。
写真のパーツ以外は全部前のパーツを流用です。

Windows 10 ProもDSP版なので、OSと一緒に購入したパーツを接続している限り、わざわざOSを買い直さなくても再インストールが可能です。事前にデジタルライセンスがマイクロソフトアカウントと紐づいていれば、今回のように主だったパーツを総取り替えしても、インストール後に「ライセンス認証のトラブルシューティングツール」を使ってオンラインでライセンス認証を行うことができ、マイクロソフトの営業時間内に電話窓口で事情を説明してライセンス認証してもらうといった手間はかかりません。

マイクロソフトのサポートページはこちら:
(ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う)

さて、組み立てとWindowsのインストールも終わり、使えるようになったので早速ベンチマーク。

とりあえず GeekBench4。
結果は Single-Core: 4937 Multi-core: 19093
i5-8400-g4.png

ちょいと古いGeekBench3。
結果は Single-Core: 3928 Multi-core: 17898
i5-8400-g3.png

CINEBENCH R15。
こちらの結果は OpenGL 116.28fps CPU 948cb
i5-8400.png

続いて、Xeon + RADEON RX460のときは途中でビャビーとかプービャビャプとか変な音がしたままWindows自体がフリーズしていまいベンチマーク完走すらできなかった「Rise of the Tomb Raider」。Core i5-8400 + RADEON RX460では無事ベンチ完走するようになり、総合スコア 78.9 fps。ただしフルスクリーンではないモードです。

rotr.png


E3-1225 v3 と比べると大幅パワーアップです。
実際、今までよりもスカスカ動きます。

前のXeonマシンは、4年半ほどちょこちょこアップデートしてきた結果、古いパーツと新しいパーツの世代ごちゃ混ぜで組んでおり、最終的にちょいちょいハングアップする超不安定マシンになってしまいました。今回は主だったパーツを総取替えしたのが良かったのか、とても安定感ある動作をします。

安定して高速で超快適なWindows環境ができて満足です!

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

第8世代 Core シリーズ Coffee Lake Core i5-8400で自作パソコンを組んでみた [Windows]

ツクモに行ったら Core i5-8400 の在庫と遭遇。
このCPU、メリットとデメリットを分かった上で購入するなら意外とお買い得。

メリットは、
・物理6コアにパワーアップ!
・第7世代のCore i7-7700(4C/8T)より少し高速!抜群のコストパフォーマンス
・Core i7-8700Kに比べると2万5000円ほど安い
・Core i5-8600Kと比べても1万円ほど安い
・末尾に「K」が付いてないモデルなので Intel 純正のCPUファン付き
・末尾に「K」が付いていないモデルはTDPが65Wで省エネ

デメリットは、
・ハイパースレッディングがない(6C/6T)
・動作周波数が現状販売されているCoffee Lakeの中で最遅の2.8GHz
・発売直後の現状は超品薄で入手が難しい

第8世代Coffee LakeからCPUソケットが従来のLGA1151と互換性が無くなりました。自分はHaswell世代のXeonを使っておりメモリがDDR3です。すでに市場のメインストリームはDDR3からDDR4に移行しており、メモリの使い回しがききません。ということは、最低でもCPU+メモリ+マザーボードの3点を買い換える事になります。よって、第7世代 Kaby Lakeより前の後方互換性をバッサリ切り捨てられるので、どちらかというと第8世代用のマザーボードを買っておいたほうが、今後のアップグレードの可能性を考えるとお得になりそうです。

さて、先日考えた通り、フル自作するよりDELLやHPのマシンを買ったほうがお得です。最新のSSDやビデオカードを安くアップグレードできますし、キャンペーンでWindows 10 ProやマイクロソフトOfficeが安かったりとかもあったりして、自作する意味なんてありません[爆弾]

というわけで、CPUとメモリとマザーボードだけ買い換えて、あとは流用することにしました。これならコスパ的にも趣味的にも自作の意味がありますね[ぴかぴか(新しい)]

といったことを、ツクモの店舗でCore i5-8400を偶然見つけた瞬間に考え即断即決で速攻でバシッと購入。
ついでに起動ドライブのHDDが9年目[あせあせ(飛び散る汗)]なので、M.2 SSDも購入しました。

品名 価格
CPU 第8世代 Coffee Lake Core i5-8400 21,740円
メモリ CORSAIR DDR4 2666MHz
CMK8GX4M2A2666C16R
9,480円
マザーボード GIGABYTE Z370M-D3H 15,300円
SSD WD WDS240G1G0B(M.2 SATA) 8,980円
合計 56,000円(税別)


なかなか良いコスパで最新世代CPUのパーツ一式が手に入りました。

P1040682.jpg

あとは組み立ててみて、安定動作するかどうかですね[手(チョキ)]

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

第8世代 Coffee Lake Core i7 で自作パソコンを作ってみる? [Windows]

ついにCore i7が6コア12スレッドに!Ryzenさんありがとう!!
自由競争って素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]

さて、Windows PCが微妙に不調で、起動ドライブのSSDのデータが飛んで起動しなくなったり、メモリ増設したらブルースクリーン連発、RADEON 480のグラフィックボードも起動するたびにDisplayPortの映像出力が動いたり動かなかったり・・・・。

というわけで、今使ってる Haswellの第4世代 Xeon Xeon E3-1225 v3 を退役させて、Coffee Lakeの第8世代Core i7で自作パソコンを作るとどれくらいかかるか考えてみました。
HDDとかケースとかは流用するとして、必要なパーツ代をツクモの通販でざっと見積もると・・・。

・Intel Core i7-8700K ¥47,973
・MSI Z370 GAMING PLUS ¥15,638
・MSI RADEON RX 580 GAMING X 8G ¥39,744
・Crucial DDR4 4GBx2枚 ¥10,022
・DSP版 Windows 10 Pro ¥22,464

なんと!合計で13万5841円[爆弾]
もしかしてDELLより高いかも!と思い、
DELLのサイトで似たような構成のパソコンを見てみると・・・。

「New XPSタワースタンダードグラフィック・16GB Optaneメモリ搭載」

・第8世代インテル Core i7-8700 プロセッサ
・8GB DDR4 2666MHz
・NVIDIA GeForce GT 1030 with 2GB GDDR5 Graphics Memory
・16GB インテル Optane メモリ accelerated 1TB 7200 RPM HDD
・Windows 10 Home

この構成で、なんと9万5183円!
Windows10がHomeなのでProへのアップグレード代を入れたとしてもDELLがお得[どんっ(衝撃)]

自作がお得な時代は10年前に終わっていますが、ここまでとは・・・。
これはちょっと自作は見送りだな〜

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 人気のスカイタイム「キウイ」が10年ぶりに復刻♪-JALショッピング デル株式会社 ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】